機材紹介その①~FUJIFILM X-T10~

Pocket

という事ではじめていきます、機材紹介。

一発目は、僕の初めてのデジカメ。

 

FUJIFILM X-T10

 

です!!

 

 

まずは外観から

f:id:aikanumadou:20180802181047j:plain

 

クラシックカメラのような外観、イマドキのミラーレスらしい軽さ。

女子でも男子でも違和感なく持てるデザインがいいですね。

オシャレが大好きで、写真撮影も好き!って人に響くデザインじゃないですか。

フルマニュアルで撮ることが多い僕みたいな人間にも凄くイイ!

絞りがレンズ側なのがいいですね。

フィルムのマニュアル一眼レフ使ってる人からすると1番違和感ないんじゃないかな。

 

 

使い勝手は?

 

f:id:aikanumadou:20180802181326j:plain

↑プログラムオートで撮影した写真。

プログラムオートでも凄く綺麗だし、絞り優先・シャッタースピード優先・フルマニュアル、なんでもござれ!

そして、このカメラだけでなくXシリーズ全般に言える事ですが、MFでの撮影時に、フォーカスピーキングだけでなくデジタルスプリットイメージが使えるのが凄くいいです。

フォーカスピーキングは被写体が明るすぎると使いにくいのですが、デジタルスプリットイメージはそこも問題なし。

レンジファインダー機でピント合わせした事がある人はすぐに慣れると思いますし、厳密なピント合わせも可能です。

そのおかげで、他のミラーレスよりもオールドレンズが抜群に使いやすい。オールドレンズの収集が捗ります(笑)

さらに、FUJIFILMと言ったら何と言ってもフィルムシミュレーションですね。

他社のカメラでいうところの、ピクチャーコントロールとか、仕上がり設定的なやつです。

これに関しては語りだしたら長くなるので、別の機会に紹介しますね!

 

 

で、実際のところどうなの?

 

ワンアクションでプログラムオートが使えたりするので初心者には最高のカメラかと。

画質自体は、当時のフラッグシップのX-T1と同じなので本気撮りも出来る。

まさに神のカメラ

ありがとう、FUJIFILMさん・・・!

ただ、僕は露出に関する項目を全て自分で決めたいタイプ。

絞り、シャッタースピード、感度など。

X-T10は絞りとシャッタースピードはすぐに変更できるけど、ISOだけはメニューに入らないと変更ができなくて。

スナップショットが多い僕にはそれが我慢ができなくなった。

速写する場面では、カメラを構える前に設定を完了させておきたいもの。

僕と同じタイプの人は途中で上位機種に乗り換えてしまうかも。

そうは言ってもFUJIFILMのカメラです。

今でも全然現役で、XF35mmF1.4と共に女房専用のカメラとして大活躍中。

新品で在庫抱えているところもありますし、中古なんて激安ですよ。

メインカメラにもサブカメラにもなる汎用性の高さ、あなたもおひとついかが?

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です