あいかさんのおさんぽ日記〜dp0で撮り歩く安芸太田町〜

Pocket

今日も僕のブログをご覧頂きありがとうございます!

 

すっかり秋めいた気温になってきた今日この頃。

夏以外の全ての季節が好きな僕にはこれからが写真の季節。

という事で安芸太田町に行ってきたので、さっそく記事にしてみる。

安芸太田町の詳細は②で書くので、そちらを参照にしてほしいのだが、ざっくり言うと、

フォトジェニックなスポット多し!

世の中には、僕みたいに廃屋、廃墟、古い橋など、古い建造物をメインの被写体にしている人も多いと思う。

そんな人にはたまらないスポットがたくさんあるので是非見てみてほしい。

ただ、ざっくりとおおまかな場所は覚えているが、スポット的にこの橋はどこにあったの?!と聞かれても答えられない場所も多いし、名もなき橋も多いので、写真で見るだけで満足して頂ければ。

もしくは、興味が湧いて是非行ってみたいとなった場合は、僕に連絡を。

ガイド致します笑

そして今回は、建造物をメインに撮る人には垂涎の的である、dp0 Quattroを今回の散歩のお供とした。

安芸太田町にある全てのフォトスポットが、dp0 Quattroを呼んでいた気がしたのだ。

そしてそれは正解だった。

超広角レンズでないと撮りきれないものが多く、日頃スポットの当たらない建造物達の魅力をdp0がうまく引き出したと思う。

帰り際に、建造物達の「ありがとう」という声が聞こえた気がした(気のせいか)。

 

①まずは写真をご覧あれ

f:id:aikanumadou:20181013180343j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180349j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180354j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180359j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180408j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180417j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180426j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180431j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180436j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180446j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180455j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180501j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180510j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180515j:plain

f:id:aikanumadou:20181013180521j:plain

安芸太田町詳細

広島県山県郡安芸太田町

広島市内より、車で下道を走る事1時間半程度。

下道で島根に行こうとすると必ず通る町だ。

カーナビでランドマークをいれる場合は、温井ダムに設定するといいと思う。

僕は温井ダムに行く途中でこの安芸太田町を通っており、フォトジェニックなスポットがあったので、ちょこちょこ停車して写真を撮っていた(肝心の温井ダムではそんなにいい写真は撮れなかった)。

また、安芸太田町には有名な観光スポットが2つある。

 

三段峡

三段峡は、長さ16kmにも及ぶ峡谷で、落差30mの三段滝のある景勝地だ。

ただ、その見所のある所に行こうとすると車を降りて2時間は歩かないといけないのがネック。

しっかりとしたハイキングの装備で臨まなければならない。

 

・井仁の棚田

井仁の棚田は、2011年のCNN日本の美しい風景31選に選定された美しい棚田だ。

シーズンではない時期に通った事はあるが、それはそれは素晴らしいものだった。

ただ、この美しい棚田を完璧に堪能することを望むのであれば早朝であろう。

日の出前のマジックアワーや、日の出直後を狙って撮影するのがベストか。

 

2つともまだ行った事はない。

 

要するに2つとも、入念な下調べや準備が必要な被写体ということ。

そのため、ノープランのお散歩スナップメインの僕には無縁の観光地でもあるわけだ。

この2つの観光地に行かずに安芸太田町を語ることなかれと言われるかもしれないが、この2つを抜きにしても素晴らしいスポットが多いので、是非ドライブしてみてほしい。

 

③感想

安芸太田町について。

やはり山間部なので、この季節でありながらかなり寒かった。

天気は良かったが、山間部なので影が多く、さらに寒さに拍車をかける。

この季節に遊びに行くなら、綿の入った服を着て行くのがベストだろう。

また、安芸太田町は雪が積もる事でも有名なので、冬はあまりオススメできない。

夏は涼しく、避暑地的に利用するのもアリだ。

一度6月末の夜に安芸太田町に遊びに行った際は、寒すぎてビックリした程だ。

 

・dp0 Quattroについて。

やはりこのキャメラは素晴らしい。

換算21mmの超広角は、普段使いでは使いにくく感じる向きも多いだろうが、僕は元々この画角が好きなので問題ない。

特に、このキャメラに使われている専用設計の21mmF4は、ソフトウェアを介さずにレンズ単位で歪曲が0な稀有なレンズだ。

どこまでも真っ直ぐに写って大変気持ちがいい。

開放F値の暗さが天候によりマイナスに働く事も多々あるが、天気が良い日の描写は天下一品だ。

さらに、FOVEONセンサーにより細かいディテールもみっちりと解像するので、古い建造物や風景を撮るのに大活躍する。

まだSIGMAのカメラを手にした事がないという人には、dp0 Quattroこそ1番最初に手にとってほしい。

SIGMAがなぜ、この画角を、このカメラに押し込んだのか。

そのコンセプトが明確に分かると思う。

 

 

それでは次の記事でお会いしましょう!

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です