モノクロ写真を撮ろうよ②

Pocket

今日も僕のブログをご覧頂きありがとうござます!

いやー、やっとiPhone機種変更したよ。
iPhone 6 Plus 128GB→iPhone XR 128GB
という流れ。
iPhone6も4年使ってたから、最近は苦行か!ってくらいに全ての動きが遅くてストレスだったんだよね。
LINEにしろ、Twitterにしろ、起動に20秒かかってたからさ。
ストレスマッハで禿げると思った。
実際抜け毛が増えた気がする。
しかも、iPhone6のカメラにはセンサーにダストが入っちゃって、ダストが写り込んじゃうから写真撮る気失くすしで・・・。
で、XRに機種変更してストレスフリー。
快適すぎてやばい。
なんでもサクサク動くし。
それこそ最初はベゼルレスだし、ホームボタンもないしで違和感凄かったけど、慣れるものだね。
iPhone 6の時と同じく、4年は使わないとだなー。

さて、今回は!
モノクロ写真を撮ろうよ、の第2弾!
自分でも良いなと思えるモノクロ写真がまた撮れたから、解説と一緒に掲載していきたいと思う!
それでは早速いってみよう!

①雫


機材

X-Pro2
XF35mmF1.4
クローズアップフィルター

設定
F:8 ISO:3200 WB:晴れ

雫を撮るのっておもしろいよね。
丁度クローズアップレンズを持っていたので、装着して撮ってみた。
カラーで撮るべきか悩んだけれど、モノクロで撮影して大正解。
色情報が無くなることで、雫が浮かび上がるように写った。
ハイライトを+2にすることでさらに雫を強調した。
シャドーも+2にして、背景をきっちりと黒くした。
こういう写真が撮れると調子が上がってくる。

 

②月面にて、月の魚に出会った。


機材
X-Pro2
MINOLTA MC ROKKOR 135mm F2.8

設定
F:8 ISO:200 WB:晴れ

かなり気にいっている写真だ。
ダムで撮影をしていて、下を覗いたらこういう光景だった。
これはモノクロだと、月面みたいに見えるんじゃないか?と思ってモノクロで撮影した。
こういう風に、白と黒、はっきりとしたコントラストの出たモノクロも好きだ。
さらに、この写真、魚が口を開けて餌を食べようとしているように見えたりしないかな?
気のせい?
それと、人間って高いところから下を見ると、モノを落としたくなる習性があるらしい。
高いところから見下ろす写真を撮影する際は気をつけてね!
必ずストラップとか、ハンドストラップを付けて撮影してね!

 

③オアシス


機材
X-Pro2
MINOLTA MC ROKKOR 135mm F2.8

設定
F:2.8 ISO:800 WB:晴れ

喉が渇いてたんだよね。
この写真を撮る前。
そういう時の水飲み場って、オアシスに見えるよね。
喉が癒えたので、感謝の気持ちを込めてパシャリ。
できるだけ水の動きを止めたかったので高速シャッターが切れるようにISOを高くした。
さらに玉ボケも欲しかったので絞りは2.8とした。

 

④孤独


機材
X-Pro2
XF35mmF1.4

設定
F:1.4 ISO:6400 WB:晴れ

僕の玉ボケ好きも病気の域だと思う。
このバラを見た時、絶対に玉ボケと絡めたいと思った。
歩道の端で孤独に咲いているこのバラのために、玉ボケをプレゼントしたかった。
孤独に耐え、自らを咲き誇るバラのなんと美しいことか・・・!
そんな美しいバラをさらに引き立てたい!
バラに捧げし宝石。

 

⑤矜恃


機材
X-Pro2
COSINA MACRO 100mm F3.5

設定
F:8 ISO:800 WB:晴れ

秋らしさを求めて、紅葉の名所を訪れた。
まだまだピークじゃないと思っていたが、ピークを過ぎた後だったようだ。
紅葉はほとんど散ってしまっていた。
そして落ちた紅葉は、枯葉になり、他の落ち葉と一緒になっていく。
だが、この葉だけは、それを拒否するかのように精一杯散る前の美しさを保とうとしているように感じた。
そう、矜恃だ。
紅葉の矜恃。
ただ物悲しく散るのではなく、枯葉の中でも埋もれぬ美しさを・・・。
僕の役目はそれをきっちりと写し止めること。

 

⑥メイプルソープに憧れて。


機材
X-Pro2
XF50mmF2

設定
F:4 ISO:200 WB:晴れ

ロバート・メイプルソープのモノクロ静物写真を見たことがあるだろうか?
見たことがない人は是非見てみてほしい。
僕ごときが語るには偉大すぎる写真家。
彼の撮影したモノクロ静物写真の衝撃が頭から離れない。
花を撮影しているだけなのに、圧倒的なエロスと美学を感じられる写真。
僕の言葉ではとても伝わらないので、画像検索でもいいので是非見て欲しい。
できれば写真集も買って欲しい。
そんなメイプルソープを意識して僕の知識を総動員して撮った一枚。
この記事で掲載した写真の中で一番力が入っている写真だ。
このカットが撮れるまで、100枚くらい使った。
設定を変えながら、この色味になるまで試行錯誤を繰り返した。
もっとエロスを感じる花を撮影したかったが、僕はまだその領域に達していないので。
だが、この葉一枚一枚の柔らかな葉脈(シワ)に僕は確かなエロスを感じた。

 

以上が、今回掲載するお気に入りのモノクロ写真だ。
なんかカッコつけた解説ばかりですいません・・・。
ついつい熱が入ってしまって笑
自分の写真を解説する機会って中々ないし、やってみると癖になるね。
モノクロ写真撮ってて思うのが、僕は作品撮りがしたいんだなーって思う。
スナップやストリート写真も大好きだけど、花や自然を試行錯誤しながら撮るのが一番楽しいように感じた。
もともと静物画が好きだし、メイプルソープや東信さんの作品が好きだから、やっぱり花を使って作品を撮りたい気持ちが強い。
これはますますストロボと背景布買わなきゃだなー。
けどその前に、今やろうとしてるモノクロ企画を完遂してからだな。
しかし、モノクロって本当にパワーあるなぁ。
何気ないものを撮影しても作品みたいな芸術性を発揮しやすい。
みんなも、モノクロで芸術活動をしてみないか?
してみないか?なんて上から目線すぎたな・・・
モノクロで芸術活動してください!お願いします!
もっとみんなのモノクロ写真みたいなぁ・・・。

以上!
それでは次の記事でお会いしましょう!

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です