徒然なるままに②

Pocket

今日も僕のブログをご覧頂きありがとうございます!

最近、日の丸構図がマイブームだ。
日の丸構図というのは、日本の国旗よろしく、写真のど真ん中にメインとなる被写体を置くこと。

↑こんなのね。
さらに、上に掲載した写真のように被写体自体も思い切り正面から撮るのが楽しかったりする。
実際さ、レンズというのは真ん中が一番解像力高くて、周辺にいくにつれて解像力が落ちると言われている。
だからこその、日の丸構図ですよ。
日の丸構図とは、
被写体をど真ん中に置くことによる力強さと、さらにレンズの解像力を100%使う安定した構図であること。
と定義したい。
ってすでに皆そんな解釈してるよね笑
昔は意地でも日の丸構図にしないようにしてたけど、自分の見せたいものをストレートに訴求するのにこれ以上の構図はないなーと思ったり。

構図の話はこの辺にして。
前回は、マクロレンズ欲しいよねー的な話をしていたと思う。
今は何より花を撮影するのが一番楽しい気分だから。
事実、昨日妻と二人でお出かけしてきて、御手洗町の街並み保全地区の写真を撮っていたんだけど、全く心が踊らない
昨日は終日XF23mmF2をつけていたんだけど、確かに街並みの撮影にこの画角以上にいいレンズはないだろうと思った。
思ったけど、自分の心が踊らないからか、散漫な写真しか撮れなかった。
半年くらい前までは、こういった街並みの撮影や、ストリートフォトが一番楽しいと思っていたんだけどねぇ。
だからこそのX-Pro2だったし。
X-Pro2というカメラは、旅やストリートフォトにこそ力を発揮すると思う。
もちろん、他のFUJIFILMのカメラとセンサー同じだから、なんでも撮れるんだけど、メインの被写体が花ではないように感じる。
実際、花撮ってるとチルトがないことにイライラしたりするし、手ブレ補正欲しいなーと思うことがある。
だからといってX-Pro2を手放す気にはなれないけどね。
レンズもカメラも、被写体によって変えるべきなのだから。
旅行や、街中でカメラを振り回したいときはX-Pro2が一番。

今の僕のように、花を撮りたくて仕方ない人は?
X-H1?
X-T3?
GFX50シリーズ?
それとも・・・。
忘れてないか?
SIGMA sd Quattroという存在。
まったく僕という人間は・・・。
一度手放しておきながら、またSIGMAが欲しくなってきているという。
そもそも、SIGMA sd Quattro持ってるときは、そこまで花撮ることに生きがいを感じてなかったからねぇ。
だから次にSIGMA sd Quattro買うときは、マクロレンズとセットだな。
めっちゃ切れ味いいやつ。
巷ではカミソリマクロと呼ばれてるやつ。
SIGMA Art 70mm F2.8 DG MACROね。
しかもこのレンズ、性能考えたらめちゃくちゃ安いからねー。
なんで最初にsd Quattro持ってた時に買ってなかったのか不思議でたまらない。
どうせ買うなら、sd Quattro Hかな。
センサーサイズがAPS-Hのやつ。
んー、買おうと思ったらすぐにでも買えるんだけど、懸念材料もある。

1.フルサイズFOVEONが今期出るという噂。
2.X-Pro3が今年出るかもという噂。

この2点が気になって中々手が出せないでいる。

1に関しては、FOVEONファンとしては看過できないからね。
センサーが2層になるかもとか色々噂されてるけど、それはどうでもよくて。
どちらかというと、ただでさえデカいデータが、フルサイズになることでさらにデカくなるんじゃないかという懸念の方が大きい。
X3F(SIGMA特有のRAWデータの形式)が、sd Quattroの時点で50MB近くあるのに。
それがさらに大きくなると考えると、HDDがいくつあっても足りないんじゃないかと。

2に関しても看過できないよねぇ。
X-Pro3はマストバイな存在になって発表されるはず。
中身がX-T3になっただけとかだったら買わないけど、絶対欲しくなる機能つけてくると思うんだよねぇ。
ファインダー関係のブラッシュアップと、X-T3の画質、新しいモノクロとか・・・。
僕の予想では、今年の年末に発表されて、年明け2020年に発売かなと思ってたけど。
今年中に発売もあり得るような噂が流れてるのが気になる。

とりあえず、安いからsd Quattro買っちゃって、フルザイズFOVEONは無視する。
X-Pro3出て、マストバイな内容だったら、頑張って買う。
うん、これが一番かな。
いや、待て。
本当にフルサイズFOVEONを無視できるのか。
我慢するべきか?
でも何も買わずに今の状態が続くのは、生殺し・・・。
sd Quattroで花撮りたい気持ちがめちゃくちゃ強い。
欲しすぎて夜も眠れない。

うーむ、またしても徒然なるままに考えてたら結論がでなくなったぞ。
でもこの悩みも楽しいわ。
悩むのはタダだしね。

それではまた次回!

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です