カラーモード:シネマについて語りたい。

Pocket

今日も僕のブログをご覧いただきありがとうございます!

dp3で写真撮るのが楽しくて仕方がない今日この頃。
他の機材全部売ってもいいかなぁと思うくらいに惚れ込んでいる。
大部分はFOVEONセンサーの表現力や解像力によるものだが、カラーモードの多様さも惚れ込む理由の一つだよね。
さて今回は、またしてもクセのあるカラーモードの紹介をしたいと思う。
その名も、シネマ。
確かに映画っぽい表現になると思う。
全体的に暖色になるし。
それでは早速どうぞ。

まずはStdな写真をご覧あれ。

同じ写真にシネマを適用。

カラーモード:シネマの良いところ。
・映画のような色味。
・古い町並にマッチ。

カラーモード:シネマの悪いところ。
・独特の色味で被写体を選ぶ。
・暖色が強く、WBや色のコントロールが難しい。

良くも悪くも、独特の世界観を持ったカラーモードだと思う。
正直、ネイチャーフォトにはあまり向かないように感じる。
ただ、被写体がマッチすればこのモードでないとでない雰囲気が確かにあるように思う。
そういった理由で、SIGMAのカメラを一通り手を出してた時期にはあまり興味が湧かなくて、dp3 Quattroのみになってから色々試す内にこのモードの良さを知った。
暖色の強さをそのままにして撮るのも楽しいが、僕は暖色より寒色が好きなので、WBをタングステンにして調和を取っている。
そうする事で、より一層映画のような表現に近づいたように感じるが、いかがだろうか。
SIGMAのカメラで撮影された作例を見ていても、このカラーモードを使った写真はあまりみかけないから、差別化にも繋がると思う。
自分で試行錯誤しながら扱う事で、新たな発見がある。
そんな奥の深いカメラを使う事が出来る幸せを噛み締めつつ、今日はここまで。

また次の記事でお会いしましょう!

Pocket

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です